記事詳細 Details of report

「新・京築風土記」、いよいよ発刊です

2017年03月05日

ごく最近まで、朝日新聞京築版に楽しみな記事が連載されていました。
美夜古郷土史学校事務局長:山内公二氏が執筆した「新・京築風土記」です。

京築2市5町の自然、文化、歴史など、あらゆるジャンルの記事が網羅されていて、
より深く京築を知るためのバイブルになっています。

山内公二氏は、毎月の美夜古郷土史学校の講座開講、中津街道史跡探索ウオークの実施、
京築めぐりバスツアーの企画など、多忙な活動の傍ら京築を隅々まで歩いて興味深いニュースや
話題を取材し、関連文献をひも解いて分かりやすく解説を加えています。

これまで6年8ヶ月かけて300回連載した記事を再編集して1冊の本にまとめ、
「新・京築風土記」として出版することになりました。
A4版、410ページのオールカラー印刷で、定価は2160円。4月上旬から販売されるそうです。

京築地域の朝日新聞販売店では3月20日までに予約を申し込めば、
税配送込み2000円で購入できるとのことです。

収録されている記事はどれも興味深い内容で読みやすく、地図も掲載されているので、
京築のガイドブックとして持っておきたい一冊です。

この記事に拍手!

570pt

他の投稿記事
ペンネーム
ヒサノスケ
他の投稿記事

行橋市の子供たちが、みやこ町の名所・旧跡を訪問

清楚な美しさ、サギ草の鉢植え

国の史跡に指定されることになった、「福原長者原官衙遺跡」