記事詳細 Details of report

みやこ町三重塔まつり会場で、国際交流

2017年02月26日

例年梅の開花時期に行われる「みやこ町三重塔まつり」。
今年は梅の花もほぼ満開で、春を思わせる柔らかな日差しの中で賑やかに開催されました。

みやこ町国際交流協会では、毎年このイベントに西日本工業大学留学生を招待し、
相互の交流を深めています。
この日参加した留学生は中国、韓国、ベトナム出身の10人で、まつり会場に出店した
軽食や農産物などの模擬店を見物し、三重塔前に設えた野点会場で抹茶を一服して
日本の文化を味わいました。

京築に来て初めて見るという国分寺三重塔では学芸員の説明を熱心に聞き、
続いて訪れたみやこ町歴史民俗博物館では古代からの遺跡や文明に触れ、
特に昔の生活道具コーナーには母国と似た農作業道具があり、一つ一つ興味深く
観察していました。

昼食交流会では、みやこ町産米を炊いたおにぎりを味わい、その飛び切りのおいしさに触れて、
町の印象を一段と深めたようです。

室内での交流イベントは消しゴムを材料にした篆刻で、石川講師の指導により
参加者全員で挑戦することに。
それぞれが発想を凝らし制作した結果、思い思いの作品が出来上がり、お互いに評価しながら
会話もはずんで和気あいあいの交流会になりました。

撮影日:2017.2.26

この記事に拍手!

595pt

他の投稿記事
ペンネーム
ヒサノスケ
他の投稿記事

みやこ町の魅力発信は、観光ルートづくりから

「清流の郷、帆柱」国際交流会で、みやこ町の文化を堪能

山伏になりきって、蔵持山修験道遺跡めぐり