記事詳細 Details of report

京築(けいちく)へ、バスハイクはいかがですか?~一粒かき・旧藏内邸・豊前国分寺三重塔~

2017年01月06日

「豊前海一粒かき」と豊前めぐり ~旧藏内邸・豊前国分寺三重塔~

シーズン到来!「豊前海一粒かき」を食べに行きませんか?
福岡市内(天神・博多)および小倉発着の京築(けいちく)へのバスツアーのお知らせです。

主催は、西鉄旅行さんで、1月から2月にかけて15回開催されます。
詳細はコチラ(西鉄旅行HP)へ。

天神バスターミナル、博多バスターミナル、小倉駅北口を出発し、
行橋・簑島の牡蠣小屋にて焼き牡蠣
旧蔵内邸
豊前国分寺三重塔
をめぐるバスツアーです。

お食事は、殻つき牡蠣1kg、かきめし。食材のお持込可(肉など油の出るものを除く)

福岡発着 5,980円。小倉発着 4,980円。

メイン画像:ちらし
サブ画像1・2:旧藏内邸
サブ画像3:豊前国分寺三重塔

この記事に拍手!

525pt

関連情報

豊前国分寺三重塔

奈良時代、聖武天皇の勅願により全国の国ごとに建てられた国立寺院です。創建当時九州東北部の文化の中心でした。戦国時代末期の兵火で焼失しましたが、江戸時代の元禄年間にほぼ復興。三重塔は明治29年に建立されたものです。塔の高さは23.5m、九州に3箇所しかない塔です。 ※6月初旬頃の土・日曜に花しょうぶまつり...

もっと詳しく

旧藏内邸

日本の近代産業を支えた筑豊の炭鉱。炭鉱主住宅は麻生本家、旧伊藤傳右衛門邸(飯塚市)、貝島嘉蔵邸(現福岡市)・旧貝島六太郎邸(宮若市)、旧安川敬一郎・松本健次郎邸(北九州市)、旧堀三太郎邸(直方市)、旧高取伊好邸(唐津市)などが現存している。旧藏内邸は大正8年には全国6位の産出高をほこった藏内次郎...

もっと詳しく

豊前海一粒かき

【行橋市】 蓑島・稲童の沖約4キロの海上で養殖されるカキは、河川から栄養分の多い植物性プランクトンが流れ込み、成長が早く、大粒で味がよいと評判です。11月中旬~3月にかけてお求め頂けます。 【豊前市】 豊前海の栄養をたっぷりと含んだ『豊前海一粒かき』は普通のかきと比べとても粒が大きいのが特徴です。...

もっと詳しく

他の投稿記事
ペンネーム
ななつ星
他の投稿記事

ホークスの新たな守護神?