イベントの詳細 Details of event

九州の神楽シンポジウム2017(大村神楽講(豊前市)出演!)

イベント詳細

日時 2017年3月11日(土)
開催場所 メディキット県民文化センター 演劇ホール(宮崎市船塚3丁目210番地)
電話番号
ジャンル 神楽
関連HP http://www.umkag.com/201612192371.php

九州の神楽シンポジウム2017

平成29年3月11日(土) 13:00開演(開場12:00)
会場:メディキット県民文化センター 演劇ホール(宮崎市船塚3丁目210番地)
内容:
基調講演○中西 進氏(みやざきの神楽魅力発信委員会顧問)
神楽公演○豊前神楽(福岡県)○御嶽神楽(大分県)○椎葉神楽、銀鏡神楽(宮崎県)

参加費は無料です。
受講希望の方は、上記のHPにアクセスし、
応募フォームに必要事項を明記の上お申し込みください。
受付は先着順となります。

【応募方法について】
入場ご希望の方は、上記のHPにアクセスし、応募フォームにご記入いただくか、
電話・FAX・往復ハガキのいずれかの方法でお申し込みください。
(1)受付される方の氏名(複数人で参加の場合、代表者名のみで可)
(2)参加希望人数(最大5人まで申し込み可)
(3)郵便番号
(4)住所
(5)電話番号
【応募締切】:平成29年2月24日(金)必着
※先着順。定員になり次第、締め切り。
【ご留意事項について】
※受付後、聴講券(入場整理券)が送付されます。
当日は、聴講券を必ずご持参ください。
※駐車場に限りがございます。公共の交通機関をご利用ください。
【お問い合わせ】
株式会社UMKエージェンシー内 「九州の神楽シンポジウム2017」事務局
電話:0985-22-1122   FAX:0985-22-1128
※電話の受付は、土曜・日曜・祝日を除く日の午前10時から午後5時まで

関連情報 Pertinent information

山内神楽講

山内神楽の歴史は古く、中世の頃から神楽が伝えられているといわれます。明治になり神楽は氏子に伝授されて、現代のような里神楽の形式を整えますが、山内では早くに神楽講が作られ、現代にその芸能が受け継がれています。 清原神事と呼ばれる春祭りでは、嘯吹八幡神社の浮宮である清原まで御神輿が巡行し、その時に舞われる「湯立神楽」は古式ゆかしいもので、豊前の岩戸神楽の真髄ともいえます。 また秋には神楽の奉納が盛んに行われ、夜更けまで豊作を祝うお囃子の音が響きわたります。

もっと詳しく

他の投稿記事 Other reports